HOME>イチオシ情報>連帯保証人が用意できない人が賃貸物件を借りやすく状態にする方法

利用者を増やせる

電卓と書類

賃貸物件などを用意して不動産投資を開始する人は多いですが、不動産で投資をするには実際に入居する人を増やさないといけないです。賃貸物件に入居をするには、連帯保証人を用意しないといけないので、その点が問題となってしまう人が少なくありません。日本は少子高齢化として、子供は減りながら高齢者が増える状態になっていますが、高齢者が増えることで賃貸を借りたいときに連帯保証人を用意できない人も増えています。そのような人のために家賃債務保証のサービスが用意されており、このサービスを利用することでスムーズに悩みを解決することができます。家賃債務保証は業者側が連帯保証人のような存在になってくれるので、支払いが滞るようなリスクもないです。

保証料に違いがある

仕事

家賃債務保証のサービスを利用するときに、保証料に違いがありますから、その点を意識して業者選びをしないといけないです。保証料を負担する方法にも違いがあり、契約時に負担をするスタイルもあれば、契約時と更新時に負担する形や家賃の数パーセントを負担していくような形もあります。業者側はこの保証料の部分で利益を確保することになりますから、多少の負担は覚悟しないといけないですが、不動産投資をしている側は入居者が家賃を滞納しても、その分を業者側が負担してくれるので安心です。

審査に通過しないといけない

お金と電卓

不動産の物件を借りるときも審査がありますが、家賃債務保証のサービスを利用するときも審査があります。余りにも支払い能力が低い人は、家賃債務保証の審査にも通過しない可能性が高いです。家賃債務保証の業者側も審査を緩くすると、家賃を滞納する人が多くなり、経営が難しくなりますから、最初の審査には力を入れています。家賃債務保証の業者の審査を通過できないような人に賃貸物件を貸すと、トラブルに巻き込まれる可能性もあるので、最初から利用を断ったほうが不動産投資の成功にも繋がる筈です。

広告募集中