HOME>特集>賃貸経営に二の足を踏んでしまう不安を払拭できる契約です

賃借人と保証会社との契約です

車の模型と電卓

賃貸経営に興味はあっても家賃の滞納が発生した場合のことを考えると二の足を踏んでしまうこともあります。賃借人が現れても必ず家賃を滞りなく支払ってくれるとは限りません。そこで頼りになるのが賃借人と保証会社との契約による家賃債務保証です。これを利用することで賃借人が負っている家賃債務を弁済できなかった場合でも保証会社が賃借人に代わってオーナー側に家賃債務を弁済することになります。

貸す側借りる側双方にメリットがあります

通常、賃貸物件を賃貸する際には賃借人が家賃を払わなかった場合に代わりに払う人として保証人を求めます。誰も頼める人がいない場合もありますし、誰もが簡単に保証人をたてられるわけではありません。親などがなる場合も多いですが、親が高齢で家賃債務を保証するだけの経済力がない場合もあります。そういった場合に家賃債務保証を利用すればオーナー側から見れば保証人が立てられない人にも貸すことが出来て家賃収入を得ることが出来ますし、万一家賃の支払いが滞ったときには保証会社から支払いを受けることが出来ます。また、保証人が立てられない賃借人にとっても保証料さえ払えば基本的には契約が可能なので利用するメリットは双方にあります。

広告募集中